酵素の働きとは

消化と代謝を行うために使われる

酵素には、消化酵素と代謝酵素の2つがあります。これらは合わせて潜在酵素といい、人の体内に元からあるものです。消化酵素は、食べ物を消化して栄養を取り込みやすくする役割があります。そして代謝酵素は、呼吸をしたり内臓を動かすなどの役割を担っています。潜在酵素の量は決まっており、なおかつ消化酵素から使われるようになっているのです。
代謝酵素に使われる酵素の量が減ると、新陳代謝が低くなります。代謝酵素の量を増やすためには、消化に使われる酵素の量を減らす必要があります。野菜やフルーツには食物酵素が含まれており、それらを食べることで消化酵素の使用量を抑えられます。代謝酵素の量を増やすことが出来れば、新陳代謝がよくなって痩せやすくなるのです。

野菜やフルーツは、生で食べなければいけない

野菜やフルーツは酵素が含まれているのですが、生で食べないと効果が発揮出来ません。なぜなら、酵素は熱に弱い性質を持っているからです。なおかつ酵素は1つ1つ種類が違うため、様々な野菜やフルーツを摂取する必要があるのです。
しかし、毎日たくさんの種類の野菜やフルーツを食べるのは大変でしょう。そのような人オススメなのが酵素ドリンクです。酵素ドリンクは、たくさんの種類の野菜やフルーツを原料にして作られます。したがって、手軽にたくさんの酵素が摂取出来るのです。酵素は熱に弱い性質があるため、加熱処理してあるものは効果が薄いです。酵素の働きを効果的に得たいのであれば、低温殺菌がされている酵素ドリンクを飲むようにしましょう。